尊厳死宣言書とは「リビングウイル」共呼ばれています。

どの様な内容かというと

次の様に言われています

 

回復の見込みがなく、すぐにでも命の灯が消え去ろうとしているときでも、

現代の医療は、あなたを生かし続けることが可能です。人工呼吸器をつけ

て体内に酸素を送り込み、胃に穴をあける胃ろうを装着して栄養を摂取させます。

 

ひとたびこれらの延命措置を始めたら、はずすことは容易ではありません。

 

生命維持装置をはずせば死に至ることが明らかですから、医師が

 

はずしたがらないのです。

 

「あらゆる手段を使って生きたい」と思っている多くの方々の意思も、

 

尊重されるべきことです。一方、チューブや機械につながれて、

 

なお辛い闘病を強いられ、「回復の見込みがないのなら、安らかに

 

その時を迎えたい」と思っている方々も多数いらっしゃいます。

 

「平穏死」「自然死」を望む方々が、自分の意思を元気なうちに記しておく。

 

それがリビングウイル