公共料金の支払いなど

電気・ガス・水道など、亡くなった方が契約者になっている場合は、速やかに契約者名も変更しなければなりません


手続が遅れると亡くなれた方の口座振替でお支払いをしていた場合に口座凍結をされていて引き落としが出来ていない状況が続くと取引が停止される恐れがあります。


契約者名の変更はご本人やご家族からの申出であれば、電話連絡で可能です。領収書にお客様番号が記載されていますので、手元におきながら、お客様センターなど(領収書に連絡先が書いてあります)に変更する旨を伝えて下さい。


料金を亡くなった方の通帳から自動引き落としにしていた場合、その金融機関に名義人が死亡したことを伝えると、口座が凍結され自動引き落としできなくなります。

引き落としできなかった料金については、払込用紙が郵送されてきますので、それを使って銀行やコンビニ等で納付して下さい。口座引き落としができなかったからと、いきなり電気やガス、水道等が止まってしまうことはありません。


新規の口座引き落としの申込用紙は、各機関に電話等で依頼すると郵送してくれます。金融機関の窓口やATMコーナーにも置いてあります。

手続先一覧

死亡に伴う基本的な届出・手続き
 
・死亡届 亡くなった人の本籍地または届出人の住所地の市町村役場  7日以内
・死体火(埋)葬許可申請書  7日以内
・世帯主変更届 住所地の市区町村役場  14日以内
・児童扶養手当認定請求書 住所地または本籍地の市区町村役場 世帯主変更届と同時
・復氏届 住所地または本籍地の市区町村役場  必要に応じて
・姻族関係終了届 住所地または本籍地の市区町村役場  必要に応じて
・子の氏変更許可申請書 子の住所地の家庭裁判所  必要に応じて
・改葬許可申立書 旧墓地の住所地の市区町村役場  必要に応じて
・準確定申告 亡くなった人の住所地の税務署  4ヶ月以内
・運転免許証 最寄の警察署  速やかに
・国民健康保険証 住所地の市区町村役場  速やかに
・シルバーパス 住所地の市区町村役場  速やかに
・高齢者福祉サービス 住所地の福祉事務所  速やかに
・身体障害者手帳・愛の手帳など 住所地の福祉事務所  速やかに
・勤務先(在職中の場合)
・死亡退職届 勤務先(手続きは勤務先で行う)  速やかに
・身分証明書 勤務先(手続きは勤務先で行う)  速やかに
・退職金 勤務先(手続きは勤務先で行う)  速やかに
・最終給与 勤務先(手続きは勤務先で行う)  速やかに
・健康保険証 勤務先(手続きは勤務先で行う)  速やかに

手続を代行して欲しい方は下記電話番号に電話を

mailはこちらのお問い合わせから