年金を受けている方が亡くなったとき

年金を受けている方が亡くなると、年金を受ける権利がなくなるため、
「年金受給権者死亡届(報告書)」の提出が必要です。

なお、日本年金機構に個人番号(マイナンバー)が収録されている方は、
原則として、「年金受給権者死亡届(報告書)」を省略できます。

また、年金を受けている方が亡くなったときにまだ受け取っていない年金や、
亡くなった日より後に振込みされた年金のうち、亡くなった月分までの年金については、
未支給年金としてその方と生計を同じくしていた遺族が受け取ることができます。

※亡くなられた方に一定の遺族が居る場合、遺族年金等を受け取ることが出来ます。
1.未支給年金を受け取れる遺族

年金を受けていた方が亡くなった当時、その方と生計を同じくしていた、

(1)配偶者 (2)子 (3)父母 (4)孫 (5)祖父母 (6)兄弟姉妹 (7)その他

未支給年金を受け取れる順位もこのとおりです。

2.提出方法

提出先は、年金事務所または街角の年金相談センターです。
死亡の届出 亡くなった方の年金証書
死亡の事実を明らかにできる書類
(戸籍抄本、市区町村長に提出した死亡診断書(死体検案書等)のコピーまたは死亡届の記載事項証明書)

 

・未支給年金請求の届出 亡くなった方の年金証書
・亡くなった方と請求する方の身分関係が確認できる書類(戸籍謄本等)
・亡くなった方と請求する方が生計を同じくしていたことがわかる書類(住民票の写し(コピー不可) 等)
・受け取りを希望する金融機関の通帳 ※1
・亡くなった方と請求する方が別世帯の場合は「生計同一についての別紙の様式」 ※2

年金の請求は、預貯金通帳のコピーの添付でも手続きができるようになりました。

そのほかの遺族給付

遺族基礎年金

遺族厚生年金

寡婦年金

死亡一時金

等がありますので、詳細はお近くの年金事務所にお問い合わせ下さい。