エンディングノートの書き方続き3

エンディングノートの書き方続き3で

お葬式を考えるで お葬式の設計について

最近私の所で遺言書を作った方々は、自分の葬儀についても

しっかりと考えているかたがおおく、年齢も考慮して皆さん

大きな葬儀を望まずに家族葬で済ませる傾向が強く見られました。

遺言者本人が望む方式が一番良い状態ですが、実際に葬儀になると

遺言やエンディングノート等の基礎資料がないために、その時の

相続人が決める事になるのが殆どです。

まず、お葬式を設計する為に

喪主は誰になるかを決めておかなければなりません

通常は氏名、続柄を書いておけば良いでしょう。

次は お葬式の規模についての希望です。

□ 盛大に  □ 普通に □ ひっそりと

□ 近親者のみ □ 葬式は不要

※家族はどんな希望をもっていますか

□ 盛大に □ 普通に □ ひっそりと

など上記と同じ

宗教の希望ですが、自分でも何処の宗派に属しているか理解していない

かたが多いのでおおまかに

□ 仏教   □ 菩提寺(檀家になっているか)
寺院名     宗派
連絡先 電話
□ 菩提寺は無い
□ 神道  神社名
□ キリスト教  □ カトリック   教会名
□ プロテスタント 教会名
□ 無宗教

次は戒名/法名について(仏式の場合)

仏式の場合は戒名が必要になってきます。

戒名がないと仏式では葬儀が出来ない場合も有りますので
お寺が決まっている場合は事前に住職などに相談すること
をお勧めします。

葬儀の場所ですが、現代では殆どが葬儀社の持っている葬儀会館

で行うのが通例になっていますが、ご自宅でも地域の集会所でも

行う事が可能ですが、集会所で行う場合は、町内会長や地域の町内会役員

に協力を求めなければ実施することが難しいので、町内会に所属

していない場合は確認することをお勧めします。

田舎の場合は、農協の会館や町内会会館で行うのが一般的になって

いると思います。

ご家族の希望も、何処でやるのかを決めておくのが良いかもしれません。

 

 

エンディングノートはこちらからダウンロードできます。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です