そもそも相続分とは何でしょう

相続の間題  相続分とは
ある人が亡くなったとぎに、誰が相続人になって、どのように相続することになる
かについて説明してください。


相続人となる者、その相続する割合は民法により定められており、これを法定相続人、法定相続分といいます。
法定相続分は、特別受益、寄与分といった理由により修正されることがあります。
相続人とは
ある人が亡くなったとぎに、相続人となる者は民法で定められています。
これを法定相続人といいます。
まず配偶者は常に相続人になります。次に、被相続人に子があれば子が配偶者とともに相続人になります。子がないときは直系尊属 (親、祖父母、曽祖父母など)が、子も直系尊属もいないときは兄弟姉妹が、いずれも配偶者とともに相続人になります。以上をまとめると

① 第1順位の相続人は、配偶者と子
② 第2順位の相続人は、配偶者と直系尊属
③ 第3順位の相続人は、配偶者と兄弟姉妹
ということになります。

いずれの場合も、配偶者がいなげれば、それぞれの場合に子、直系尊属、兄弟姉妹だけが
相続人になります。逆に、子も直系尊属も兄弟姫妹もいなければ、配偶者だけが相続人になります。

相続分とは
民法の規定により法定相続人が決まるそれぞれの場合に、各相続人が相続する割合が決められており、これを相続分といいます。つまり、相続分というのは、各相続人が遺産に対して有する取得分の割合もしくはその割合によって取得すべき遺産の価額をいい、その割合は一般的には民法の規定によって定まります。遺産分割は審判による場合はもちろん相続分に従ったものでなければなりませんし、協議や調停による場合も、相続分を考慮して進められます。
民法で定められている相続分は、
①第I順位の配偶者と子が相続人になるときの相続分は、配偶者2分の1、子2分のIであり、
②第2順位の配偶者と直系尊属が相続人になるときの相続分は、配偶者3分の2、直系尊属3分の1となり、③第3順位の配偶者と兄弟姉妹が相続人になるときの相続分は、配偶者4分の3、兄弟姉妹4分のIになります。子、直系尊属、兄弟姉妹がそれぞれ複数の場合は、各自の相続分は原則として平等になります。たとえば、配偶者と子3人が相続人となる場合には、その相続分は配偶者2分の1、子は6分のIずつになります。ただし、兄弟姉妹について丈母の一方が違う者は同じ者の2分の1になるという違いはあります。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です