配偶者の居住権の確保保護問題で相続をすると配偶者が追い出される問題が表面化している

 

1.配偶者の居住権の保護問題点:配偶者が家を追い出される問題が表面化

問題点:配偶者が家を追い出される

配偶者の片方が死亡した場合に、もう片方の配偶者は、今まで住んでいた家に引き続き住み続けることを希望するのが通常です。高齢になると、住みなれた家を離れて新しい場所で生活するのは、精神的にも肉体的にも負担ですので、できれば同じ家に住み続けたいところです。

ところが、配偶者ではなく別の相続人が家を相続した場合、配偶者はその家の所有者ではありませんので、その家に住む権利を失うことになります。もちろん、その家を相続した人が配偶者が住むことを許可してくれれば良いのですが、相続トラブルなどで争っている人が家を相続すると「出ていけ」と言って、追い出すことも少なくありません。身内を追い出すなんてひどいと思われるかもしれませんが、家族関係が希薄になっている日本では、現実に起こっていることです。

 

被相続人が亡くなった場合、相続人となる人の年齢も高くなっており、特に高齢の配偶者の生活保障の必要性が高まってきています。医療技術の進歩で平均寿命は延びましたが、介護や治療を必要とする高齢者が多くなり、認知症による成年後見人の確保も課題になっています。さらには、熟年離婚や再婚が増えており、家族関係が複雑になってきています。

皆さん家族で身近な話題にしていますか。

 

a

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です