遺産分割協議の話合いがっかないときはどうするの 法律的解釈

遺産分割協議の話合いがっかないときは相続人間で遺産分割協議を進めてきましたが、どうしても話合いがつきません。どのような手続きをとることができるでしょうか。

相続人間で遺産分割協

① 協議が成立しない場合、相続人の1人もしくは数人が申立人となり他の相続人全員を相手方として、家庭裁判所に調停を申し立てることがでぎます。
調停と審判の関係
相続人間で遺産分割協議がととのわないとぎは、相続人は家庭裁判所に、遺産分割の調停もしくは審判を申し立てることができることになっています。
調停は、家事調停委員2名と家事審判官 (裁判官)により構成される調停委員会が、相続人から事情をぎき、話会いで遺産分割についての含意を目ざす手続きです。
審判は、家事審判官が適切な分割方法をきめる手続きです。
遺産分割にあっては必ず先に調停を経なげればならないという原則(これを調停前置主義といいます。)をとっていませんから、立前上は最初から審判を申し立てることもできます。しかし家庭裁判所は審判事件として申し立てられた事件を、いつでも職権で調停に付することがでぎることになっていますから、実務上は審判を申し立てられてもまず調停に付するという扱いになっています。調停で話合いを紡げても調停成立の見込みがないとき、調停は不成立となり、事件は当然に審判手続きに移って審判手続きが進行します。
調停申請手続き
調停の申立ては、相続人の1人もしくは数人が申立人となり、申立人となる相続人以外の相続人全員を相手方として、家庭裁判所へ申し立てます。申し立てる家庭裁判所は、相手方のうちの1人の住所地を管轄する家庭裁判所です。
申立ては書面または口頭で行うことができます。口頭で行う場合は、家庭裁判所の書記官に必要な事項を陳述し、書記官が申立ての調書を作成することになっていますが、家庭裁判所に備え付けてある甲立善用紙に必要事項を記入して申し立てることもできます。
調停手続き
調停手続きは、通常家庭裁判所の調停室において、家事調停委員2名と家事審判官(裁判官)により構成される調停委員会により進められます。家事調停委員は民間人から任命されている者で、家事調停手続きの多くは、審判官は出席せずに調停委員2名により進められています。調停委員会は、申立人、相手方の両方から順次、遺産の範囲、遺産分割の方法、特別受益の有無といった点について主張をきき、双方に譲歩を求め、できるかぎり話合いによる合意を目ざします。

話全いの結果遺産分割について相続人全員の合意ができたときは、調停調書を作成してそこに遺産分割の方法を記述します。

審判手続き
調停手続きを進めても相続人間の意見の対立が解消せず、遺産分割に関する合意の成立する見込みが立たない場合、調停は不成立となり、当然に審判手続きに移行します。

審判手続きは、家事審判官(裁判官)が職権により事実の調査をし、かつ、申立てによりまたは職権で、必要と認める証拠調べを行い、もっとも適切な遺産分割の方法を選択して審判を出します。職権によりといつても審判官がすべての事実や証拠を捜し出すことは実際上不可能ですから、相続人としては積極的に事実を述べ証拠を提出する必要があります。
家事事件手続法では、相続人(当事者)は、適切かつ迅速な審理および審判の実現のため、事実の調査および証拠調べに協カすることが定められました

 

相続人が家族で母親と子供しかいない場合は、子供が未成年者であれば特別財産管理人を

選任しなければならないので注意が必要です。

単純な遺産分割協議書だけでは事務処理が進める事が出来ませんので専門家に相談して下さい。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です