夫とお父さんが同時に亡くなってしまったのですが このときの相続の関係はどの様になるのでしょうか 教えて下さい。 とのお問い合わせなので 分かり易いように事例を交えてお伝えします

たとえば   父が同時に死んだときの相続  で

飛行機などの乗り物で無くなった場合はどうなるのか

を考えて見ましょう

私の夫とその父は、飛行機事故に遭い、2人とも死亡してしまいました。

このような場合、相続関係はどうなるのでしょうか。

なお夫の母は健在であり、私と夫との間には子どもはありません。

回答としては 同時死亡の推定が適用されると思われます。

夫と父は同時に死亡したものと推定され、その相互間では相続は生じません。

夫の相続に関しては父はすでに死亡したものとして、また父の相続に関しては

夫はすでに死亡したものとして扱われます。

同時死亡の推定

同じ事故で2人以上の者が死亡した場合には、

それぞれの正確な死亡時刻はわからないことが多いものです。

もし夫の方が父よりも早く死亡していれば、夫の遺産は妻が3分の2、

父母が各6分のIの割合で相続し、さらに父の相続した6分のIについて、

母と夫の兄弟姫妹が相続します。

父の遺産は、母と夫の兄弟姫妹が相続し、嫁の立場であるあなたは相続でぎません。

これに対して、もし父の方が夫より早く死亡していれば、夫の遺産は妻が3分の2、

母が3分のIの割合で相続し、父の遺産は母と夫とその兄弟姉妹が相続し、

さらに夫の相続した分を妻と夫の母が相続します。

このようなことになると、ちょっとした偶然により相続のしかたが異なることになって

不都合であるばかりか、そもそも死亡の先後関係について正確なことがわからないために

無用の紛争を起こすこともありました。

そこで民法は、死亡した数人中の1人が、他の者の死亡後になお生存していたことが

明らかでない場合には、これらの者は同時に死亡したものと推定すると規定しました。

これを同時死亡の推定といいます。

この回時死亡の推定の規定は、同一の危難に遣って死亡したことを要件としていません。

したがって、ご質問のように、同一の掌故で死亡した場合のほか、別々のところで

別々の原因で死亡したがその先古の先後がわからない場合にも適用されます。

同時死亡の場合の相続関係ところで相互に相続人となる可能性のある者数人が、

同時に死亡してしまった場合、それらの者相互の間では相続関係は生じないことになります。

これは、相続人は少なくとも被相続人が死亡するときまでは生存していなくては、

そもそも被相続人を相続することができないと考えられるからです

そこで 夫と夫の父相互の間では相続関係は生じないことになります。

したがって、父の相続は、母と夫の兄弟姉妹が相続人となり、夫の相続は、妻であるあなたと

母が相続人となります。

もしあなたと夫との間に子があれば、その子は、夫の父の相続について、代襲相続することがでぎます。

これは、代襲相続の要件としては、被相続人の子が 「相続の開始前に」

死亡したときではなく、「相続の開始以前に」死亡したとぎとされていることから、

同時死亡の場合も含むと考えられるからです。

同時死亡の推定が覆った場合同時死亡の推定はあくまで推定にすぎませんから、

反対の証拠をあげてこれを覆すことは可能です。

同時死亡の推定により同時に死亡したものとして相続された後に、

死亡の先後が明らかになったとぎは、すでになされた遺産分割協議は

無効となってしまい、再度遺産分割協議を求めることがでぎます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です