養子になった場合は養父の相続は東漸ありますが、実親の相続はどうなるのか考えたことがありますか。養子の相続を考えて見ましょう

養子は実親を相続できるか

私は養子にいった者ですが、このたび実父が亡くなりました。私は実父の遺産を相
続することがでぎるのでしょうか。普通養子と特別養子とでは違うのでしょうか。

 

普通養子の場合は実は

養子縁組後も、実父の遺産を相続することができます。

但し 特別養子の場合は、養子は実父の遺産を相続することはできません。

養子縁組の効果(音通養子の場)

 

現行民法は養子について普通養子と特別養子の2種類を認めています。

 

いずれにおいても養子は養子縁組の日から養親の嫡出子としての身分を取得し、

 

また養親およびその親族との間において血族間におげるものと同一の親族関係を生じます。

 

つまり、養子と養親および養子と養親の父母や子といった親族との関係は、

 

実親子関係におげるそれと全く同じものとなるということです。

 

したがって、相続の関係でも養子は養親の嫡出子として養親の相続人になります。

 

養親に実子がある場合には、養子はその実子と同一の相続分により養親の相続人となります。

 

他方で養子は、普通養子の場合には

 

養子縁組によっても実子および実方の親族との関係には全く影響がおよびません。

 

つまり養子にいっても、養子は実親と実の親子関係にあり、実子の親族との間も

 

従来どおりの親族関係が続くということです。したがって養子は、実親が死亡したり、

 

実親の関係の親族が死亡したとぎには、従来どおりの関係により相続人となります。

 

ご質問の場合も、普通養子の場合、あなたは実父の相続人になります。

 

実父に他の実子や養子がいれば、それらの子と胸等の相続分により相続します。

 

その結果養子は実親の関係でも、養親の関係でも相続人となり、

 

いわゆる二重の相続権をもつことになります。

 

このことは逆に、養子が死亡した場合には、

 

養親と実現とが頭割りにより均等に相続権をもつことを意味します。

 

 

特別養子の場合

特別養子の場合は、特別養子縁組が成立することにょり、養子と実現、

 

養子と実方の親族との関係は原則として終了してしまいます。

 

特別養子縁組は、昭和63年Ⅰ月1日より認められることになったもの

 

で、いわゆる藁の上から養子を認め、養子と実現との関係を断つことにより、

 

養子と養親との関係を実親子関係にでぎるかぎり近づげようとしたものです。

 

特別養子は家庭裁判所の審判により成立します。

 

特別養子になると、実現および実親の親族との関係は、近親者どうしでは

 

婚姻できないという関係以外の面では消滅してしまいます。

 

したがって、特別養子の場合、養子が実親や実方の親族の相続人となることはできません。

 

ご質問の例で、養子にいったというのが特別養子であれば、あなたは実父の相続人となることはできません。

 

つまり、通常の養子であれば、両方の親の相続権があると言う事でした。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です