代償分割の意味遺産分割協議の解除の可否と言うことですが そもそも代償分割とは何だという話ですが 

代償分割の意味遺産分割協議の解除の可否

 

遺産分割の方法として、

現物分割(遺産を現物のままで相続人間で分げる方法)や

 

換価分割(遺産を売卸してその代金を相続人間で分げる方法)の方法がありますが、

 

これらの方法が困難な場合に、

 

代償分割の方法による遺産代償分割による遺産分割が成立した後に代借金の支払いがなされない場合、

 

債務不履行を理由に遺産分割協議を解険して遺産分割のやり直しを請求できるか否かという問題について

 

遺産分割協議の解除は認めないという考え方が有力です。

 

 

その理由は遺産分割協議の性質に求められます。

 

 

すなわち、確かに遺産分割協議は共同相続人間の約束ごとであり協議が成立すれば

 

相続人を拘束するという意味では、契約類似の性質をもつものといえます。

 

 

しかし、反面次のような理由から債務不履行による解除にはなじまないということです。

 

理由の第一は、契約解除の制度の趣旨は

 

相手方が債務不履行の場合に自己の債務に拘束されることを免れ

 

他に新しい取引先を求めることを可能にすることにあるところ

 

遺産分割にはこのような必要性はないという点にあります。

 

遺産分割については、成立した協議の内容を実現することを考えれば足りるということです。

 

 

理由の第二は、遺産分割協議はいったん成立すれば安定的であることが望ましく

 

とくに分割後に相続人が取得した遺産を他に譲渡した後になって遺産分割の効力が

 

否定されることになると取引の安全を害するという点に求められます。

 

以上の理由から、代億分割による代借金の支払いがなされないときに、

 

遺産分割協議を解険して分割のやり直しを求めることはできないということになります。

 

 

 

代借金の支払いを求める方法

 

そこで、代償金の支払いをうけられない場合、その支払いを求めるためには、

 

代贋金支払いの債務を負担した相続人に対し、訴訟を提起するか、

 

あるいは調停を求めることが必要になります。

 

調停は、簡易裁判所の民事調停の方法でも、家庭裁判所の家事調停 (親族間の紛争)で

 

も可能であると思われます。

 

調停、家事審判による代億分割の場合

 

調停、家事審判により代億分割が決められたにもかかわらず、

 

代償金の支払いがなされない場合においても調停や家事審判による遺産分割自体を無効にすることはできません。

 

ただ、金銭の支払いなどを命ずる調停調書や家事審判は

 

執行力ある債務名義として判決と同じ効力がありますから

 

代借金の支払いがなされないときは、強制執行の手続きをとることができます。

 

相続人が相続分に従って分割されて承継することになるものですが

 

相続人間で話し合って一人が債務を引き受げるという合意をすることはできます。

 

ただし、この含意を債権者に対抗するためには、債権者の承諾が必要です。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です