母親の相続をしていなかったばかりに相続人の方が亡くなって更に相続人が増えてしまい、追加の戸籍を収集する方が多くなっている事実

今回相談を受けた相続案件は

 

お母さんの相続が2年前に始まったのですが

 

その際に預貯金関係しか手続が無かったので少し日を開けて

 

相続手続きをしていたところ、兄弟姉妹が6人いたのですが

 

先に亡くなっているかたが2名おりその方達の戸籍等の収集に

 

時間がかかっていたところ、相続人だった姉妹の内一人が

 

亡くなってしまい、相続権が親族に移るという状況に至ったために

 

新たな手続をすることになりました。

 

相続人のうち複数の人は、樺太生まれという事実から一般的な

 

市役所などでの戸籍収集だけではなく、樺太時代の戸籍まで収集

 

しなければならなくなりました。

 

 

一般的な戸籍は市区町村役場で収集出来るのですが、樺太の戸籍は

 

外務省管轄なので、通常の手続では収集が難しくなりましたが

 

それは、我々の専門家がいるので、多少時間はかかりますが、外務省でも

 

戸籍の収集は可能となります

 

 

戸籍の収集に困っている方は是非相談下さい。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です