父の死亡後、封筒に入って封印された遺言を見つげました。どのような手続ぎをとればよい

検認の中立てをして、検認手続きをうげる必要があります。

封印のある遺言書の場合は、開封せずに検認の中立てをしてください

遺言書の開封、検認。

封印のある遺言書は、相続人またはその代理人の立会いの上、家庭裁判所

において開封しなげればならないことになっています。封印のある遺言書と

は、封に押印があるという意味であり、たんに封筒に人れられているというこ

 

とではありません。

 

また、遺言書の保管者や発見者は、遺言の検認を家庭裁判所に申し立てな

 

げればなりません。この場合の遺言書は、封印のあるものもないものも含み

 

ます。したがって、遺言書の保管者や発見者としては、遺言書の検認の中立

 

てをすればよく、封印のある遺言の開封は検認手続きの中で行われます。

 

検認というのは、遺言書の現状を確認して記録する手続ぎです。家庭裁判

 

所において相続人またはその代理人に立会いの機会を与えた上で、行われます。

 

このように遺言書の開討手続ぎや検認手続きが必要とされるのは、遺言書

 

の現状を調査、確認することにより、後日におげる偽造、変造を防ぐためです。

 

したがって、証書の原本が公証人役場に保管されていて偽造、変造のお

それのない公正証書遺言は、検認手続き、開封手続ぎの必要はありません。

検認手続き

 

検認は、遺言書の現状を調査、確認し、それを記録する手続きです。すなわち

 

遺言書の用紙の紙質、大きさ、枚数、使用された筆記用具のほか、遺言書の文言

 

日付、署名、印影の現状を調べ、確認の上、家庭裁判所の調書

 

に記録します。通常は遺言書のコピーや写真を調書に綴ることにより正確な

 

記録になるようにしています。

 

検認手続きを行うた際しては、家庭裁判所から相続人に対して通知がなさ

 

れ、相続人またはその代理人に立会いの機会が与えられています。

 

言書の現状を確認、確定する手続きにすぎないからです。

 

また、遺言書の保管者や発見者が、遺言書の提出を怠ったり、検認をしな

 

いで遺言を執行したりあるいは封印のある遺言書を家庭裁判所以外で開対し

 

た場合には、5カ円以下の過料に処せられることになっています。しかし、

 

このょうな場合にも、遺言自体の効力には影響がありません。検認手続ぎを

 

経ていない遺言も遺言として有効なものです。

 

とにかく遺言書を見付けた場合は開封せずに直ぐに検認を受けて下さい。

 

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です