相続手続きを簡素化したい人は、公正証書遺言書は必修のアイテム

今朝は、遺言書の執行をするために札幌市内の中央区まで出かけて

 

一件目の手続きをして来ました。

 

公正証書遺言書があったので、事務手続きがスムーズに進みました。

 

戸籍も最低限の、亡くなった方の除籍謄本と、現在改製原戸籍と

 

後相続人の、住民票がそれぞれが必要になる程度で、一般的な相続手続き

 

では、亡くなった方の、除籍謄本から始まって、生まれたところまで

 

遡らなければならないので、通常であれば集めるだけでも最低で

 

一月から二ヶ月くらいかかるのですが、今回は一回の収集で終了して

 

いました。

 

それで、今日中央区から初めて、後は地元に西区に戻りすべての金融機関の

 

手続きを進めることができて、本当に楽に進める事ができたので

 

やっぱり公正証書遺言書は絶対的な力があるなと思っていました。

 

また、今日は月末にもかかわらず各金融機関が意外と空いていたこと

 

も各手続きがスムーズに行うことができたのかなと思いました。

 

でも、一日で5カ所の金融機関の手続きが進めることが出来たのは

 

今回が初めてでしたので、やっぱり公正証書遺言書は必修だなと

 

思った次第でした。

 

これは、専門家がおこな手続きに限らず、専門家以外の場合でも

 

遺言の執行人に指定されていればスムーズに行うことがで来ます。

 

ただし、今手続きは、通常の自筆証書遺言書では、検認手続きを

 

済ませてきても、各金融機関では、その際に使ったすべての戸籍を

 

再確認しますので、時間は優に二・三時間はかかりますので、

 

自筆証書遺言書も同じ感覚で処理が進むことはありませんので

 

是非、時間短縮を望むなら、相続手続きは公正証書遺言書は必修

 

になるという事でした。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です